FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【お知らせ】イギリス完全休業です


3月23日夜よりイギリスは、事実上封鎖、ロックダウンになりました。

外出が認められるのは、必要最低限の買い物,一日一回の運動,医療上の必要、医療関係のスタッフなど必要不可欠な通勤という目的のみに。

食べ物など生活必需品扱う店以外は閉鎖。図書館や礼拝所、公園の遊び場なども閉鎖です。
また3人以上が公共の場で集ること、お葬式以外の社会的行事(結婚式、洗礼の儀式など)も中止です。

ルールに従っていないのが認められた場合は、警察は罰金や集会の解散を含む対応を取ります。

これらのルールはこれより3週間続きます。そのあとは、ルールのレビューが行われます。3週間後の状況によりルールがどう変わるかが左右されます。
こればかりはこの先どうなるかわからないです。

皮肉なことに、ルールが厳しくなってからイギリスに春が来て急にお天気が良くなりました。雲もほとんどない青空。

お天気良いし、屋外ならいいかと、公園やビーチに集まった人が週末に大量にいたようで、ロックダウンの厳しいルールが課される事に繋がったのかなと思います。

とあるTVプレゼンターが怒っていました。「あなたの祖父母達は、国の指令で戦争に行ったんだ。あなたが今受けている指令は家に残ってテレビでも見てなさいというもの。なぜそれが守れない?」 家に残りたくても残れない医療関係者、警察など生活に不可欠な仕事をしてコロナと戦ってくださっている方を助けるために、家にこもりましょう。

1日も早く全てがコロナ前の状態に戻れますように🙏

コロナ関連のポストばかりでしたので、これから普通(?)のポストもアップしていけるように頑張ります。



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学、現地サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



【アップデート】コロナウィルスについてのお知らせ【イギリス】

続きを読む

【アップデート】コロナウィルスについてのお知らせ【イギリス】

コロナウィルス(COVID-19)に関して、在英国日本大使館からのお知らせが入りました。

=========================

2月25日、英国政府は、現在新型コロナウイルスの影響を大きく受けている国をカテゴリー1と2に分類し、これら特定国・地域から英国に入国する者(英国籍者を含む)に対する新たな方針を発表しました。

●カテゴリー1に属する国・地域

 2月19日以降,次の国・地域から入国した者は,特段の症状がなくとも,直ちに屋内に待機し,他人との接触を避け,国民保健サービス(NHS)専用ダイヤル111まで連絡すること。ただし,(1)中国の湖北省については過去14日間以内の入国とする。

(1)中国の湖北省
(2)イラン
(3)韓国の大邱市及び青道郡
(4)封じ込め対策中の北イタリアの諸地域(Lombardy州のCodogno, Castiglione d’Adda, Casalpusterlengo, Fombio, Maleo, Somaglia, Bertonico, Terranova dei Passerini, Castelgerundo, San Fiorano及びVeneto州のVo)

●カテゴリー2に属する国・地域

 過去14日以内に,次の国・地域から入国した者で,咳や熱,呼吸困難の症状が見られる場合には,直ちに屋内に待機し,他人との接触を避け,国民保健サービス(NHS)専用ダイヤル111まで連絡すること。ただし,北イタリア,ベトナム,カンボジア,ラオス及びミャンマーについては2月19日以降の入国とする。

(1)カンボジア
(2)カテゴリー1で指定の湖北省を除く中国
(3)香港
(4)カテゴリー1で指定の諸地域を除く北イタリア(ピサ,フィレンツェ,サンマリノを結んだ線より上側)
(5)日本
(6)ラオス
(7)マカオ
(8)マレーシア
(9)ミャンマー
(10)カテゴリー1で指定の大邱市と青道郡を除く韓国
(11)シンガポール
(12)台湾
(13)タイ
(14)ベトナム


日本については前回のお知らせ内容からの変更はありませんが、カテゴリー1の国や地域に渡航した場合には、特段の症状がなくともNHSに連絡をすること、また、カテゴリー2に新たに加わった国や地域もありますので、これらの国や地域への渡航を予定されている方はご注意ください。

=========================


<英国内日系病院の対応について>
英国政府の要請により、主な日系病院が、過去14日間に日本(及び上記に該当する国から)到着した方で上記の症状を持っている方の診療ができなくなっていることがわかりました。まずは、英国政府が指定する111の番号に電話をするように、という指示となっています。111は、イギリスの国営医療NHSの一般相談窓口で、全て英語になります。通訳サービスもあるようですが、通訳が用意できる言語の中に日本語が入っていないため、どの程度日本語通訳者がすぐにアレンジできるかは不明です。
もちろん弊社の方で、通信で日本語のサポートをすることはできますが、3者通話をアレンジして頂いて電話と電話を通しての通訳という形になります。お客様の代理で弊社から電話をすることはできません。

<英国内での対応>
14日以内に日本から到着した方で、咳、熱呼吸困難などの症状が出た方は直ちに、自己隔離を要請されています。残念ですが、結果的にはただの風邪だったということになっても、症状が一度出てしまうと自己隔離の対象になります。
また、万が一検査の結果コロナウィルスの陽性が出ましたら、軽症だったとしても直ちに入院となり、特別な検疫の設備がある病院に滞在させられます。その間はほぼずっと英語になりますし、付き添いなどもできません。

<弊社より>
前回の記事で、「なんらかの症状が出た場合、お一人で滞在できる場所に移動して、自己隔離をしていただく」ということをお伝えしたのですが、NHSからの指示で、自動的に14日間はただちに自己隔離、ホストファミリー自体も症状がでなくても2週間は自己隔離となってしまうこともあるようです。

加えて、スペイン領テネリフのホテルで、イタリア人観光客に陽性反応が出てことからホテル自体が封鎖となってしまいまして、身動きがとれないホテルのゲストが1000人超いるようです。ご自身に症状がなくても、飛行機や滞在先などの他の利用者の関連で、自分に影響が出る確率が高まりつつありますのでこの点もご注意ください。



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学、現地サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

【英国】コロナウィルスについてのお知らせ【イギリス】

こんにちは。
今後イギリスへのご留学、ご旅行をお考えの方に向けて、新型肺炎コロナウィルスに関しまして以下のお知らせです。


①英国のスタンス
②学校のスタンス
③Averieからのアドバイス、お願い



①英国のスタンス

この度、新型肺炎コロナウィルスに関連して、「なんらかの症状がみられた場合自己検疫をするように」という対象国のリストに日本も入ってしまいました。

2月6日に在英邦人に向けて、在英国日本大使館より送信されたメールからの抜粋です。
================================
●2月6日(木),英国保健介護省(Department of Health and Social Care)は,去る1月31日に発表した英国における初の新型コロナウイルス感染者2名に続いて,新たに3人目の感染者が確定されたことを発表しました。なお,右発表によれば,国内ではなく,国外において感染(その後に英国に入国)したとのことです。

●現時点において英国政府は,「過去14日以内に中国,タイ,日本,韓国,香港,台湾,シンガポール,マレーシア及びマカオから戻ってきた場合で,咳や熱,呼吸困難などの症状が見られる場合には,外出をせず,他の人との接触を避け,直ちに専用ダイヤル111(スコットランドの方はGPまたは111,北アイルランドの方は0300-200-7885)まで電話するように」としていますので,ご留意ください。

●英国保健介護省ホームページ
https://www.gov.uk/guidance/wuhan-novel-coronavirus-information-for-the-public
================================
英国保健介護省上記HPより:
●なお、咳や熱、呼吸困難などの症状は、軽いものだったとしても、症状を感じる場合はただちに自己検疫をお願いします。
================================
英国保健介護省HPより抜粋和訳

●自己検疫:14日間人との接触を避ける:具体的な方法
現時点では、日本国籍者の場合は、日本、もしくは中国,タイ,韓国,香港,台湾,シンガポール,マレーシア及びマカオを介してイギリスに入国した場合で、「咳や熱,呼吸困難などの症状が出た場合(軽度だとしても)」は以下の措置をとることになります。

●屋内に14日間留まり、仕事、学校、公共の場所に出かけない。
●他者との接触をしない。家に訪問者を受け入れいない。家族や友人、配達員が食事や食材を届けるのにとどめる。
●交通機関を利用しない。地下鉄、バス、タクシーを含む。
●薬などその他必要なものがある場合もお店などに行かず、家族や友人、配達員からの補助を得る。
================================

これは、予防の意味を強く込めた措置となります。人を介して感染をすることが確認されているため、そして、未だに今後の状況が読めない事態であるため、今後も世界的状況を注視しつつ、英国のスタンスが変わっていくことが予測されます。

============================

②学校のスタンス

現時点では学校によりスタンスが違うのですが、今後状況がさらに悪化することを恐れ、英国政府機関の発表より厳しい制限処置をとったところが出てきています。そのため、空港での入国拒否などに至らなくとも、今後学校など人が集まる場所が各々制限を設けだす可能性も否めません。一つの学校は、今年の夏のジュニア向けサマースクールで、中国からの生徒の受け入れをとりやめたというところもあります。
今後各学校からエージェント各社への連絡などがあり次第、こちらでアップデートして参ります。



③Averieからのアドバイス、お願い


自己検疫は、一般市民との接触を避け、自発的に自身を隔離する状況となります。イギリスに入国後14日以内に咳や熱、呼吸困難などの症状が軽度でも出た場合、検疫の理由から大変残念ながらホームステイなどのご滞在先のご案内を継続することができません。すでにホームステイ先にご滞在の方の場合はホテルなどに移動、自己検疫を14日間続けて頂くことをお願いすることになります。未成年の方の場合は、ご家族、もしくは18歳以上のご友人、御親戚など、リスクを理解した上で滞在を受け入れてくれる方とのご滞在をお願いすることになります。

この場合、大変恐れ入りますが感染の拡散を防ぐ意味での自己検疫となりますので、通信を使ってのサポートは最大限いたしますが、弊社スタッフによるお付き添いなど、実際に対面するサポートもご提供が不可能となります。何卒ご了承ください。
例え留学残存期間が14日以下だったとしても、14日間は動くことができなくなります。お一人で滞在できる場所を見つけるサポートは弊社より通信で行います。またこの場合航空券のキャンセルや必要以上に滞在費がかかった場合、保険の対象になる可能性が高い、と一つの学校から聞いています。念のため各お客様の保険会社と事前にご確認を頂くことをお願いいたします。

今回リスクの種類も未曽有の状況であることから大変残念ではございますが、英国政府のガイダンスを基礎に、予防策としてこのようなお願いをさせて頂く次第です。コロナウィルスへの英国の対応につきましては、弊社でも様々なところから情報を集め、上記にお知らせした内容に変化が生じた場合など、随時皆様にお知らせしていきたいと思います。
また何か状況の変化、アップデートがございましたらご連絡いたします。

何卒どうぞよろしくお願いいたします。

Averie Limited

ロンドンで出会えるハリーポッターゆかりの場所

イギリス留学に興味を持ったきっかけ、で「ハリーポッターが好きなので」、というのは実は珍しい声ではありません。

ハリーポッターの世界観、は他の英語圏の国ではさすがにないですよね。

ハリーポッタースタジオは、ロンドン中心部から電車で約20分。北西の郊外にあります。
しかし、こちらは必ず事前のチケット購入が必要で、先ほど見てみたら、12月までのチケットはほぼソールドアウト!
空いていても、ちらほら平日の購入ができるかな、、という大人気っぷりです。
ご興味がある方は、かなり早めに購入をしておくことが大事そうですね。


さて、ハリーポッタースタジオに行かなくても、ロンドン市内にもハリーポッターの関連した場所に行くことができます。
インスタグラムの写真一枚目は、ハリーポッターの演劇(Harry Potter and the Cursed Child) が開催されているシアターです。
2016年にプレミアオープンしてから、続いている人気の演目です。

インスタグラムの写真二枚目は、おなじみのキングスクロス駅の、9と4分の3プラットホーム。いつも写真撮影のために長蛇の列です。すぐ横にはハリーポッターのオフィシャルショップもあります。

インスタグラムの写真三&四枚目は、Tottenham Court Road駅を出たすぐのところにあるPrimarkというイギリスのファーストファッションのお店。

実はこの店舗にはハリーポッターのコーナーがあり、ハリーポッターとのコラボ商品がたくさんおいてあります。

上記のオフィシャルショップのグッズは、なかなかお高めですが、ここのコラボ商品はかなりお手頃な値段で、お勧めです。


ラウンジウェアからベビー服、マグなどの食器も売っています。数あるPrimarkの店舗の中でもこちらが最大の品ぞろえのようなので、是非足を運んでみてください。


お写真は弊社インスタグラムよりご覧ください!




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる