FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの道の渡り方

イギリスの道路は日本と同じ、左側通行です。つまり、道を渡るとき、車は右側からやってきます。しかし、日本と違うのは、信号無視で道路を渡る人がすごーく多いこと。それどころか信号がないところでもどんどん渡ります。


初めて制服を着たパトロール中の警官が平気で信号がないところを渡っているのを見たときは、え!?と思ったものです。笑


交通量の多いところ、特にロンドンにいらっしゃった際に気を付けて頂きたいのは、ロンドン人は信号がないところで道をささっとわたるのに慣れているということ。ただし、その人のタイミングがすぐ後ろのあなたのタイミングで安全とは限りません。


他の人につられて歩きだすと、実は車がもっと近くまできていた、なんてこともありえますので、道を渡るときは自分の目でしっかり
左右確かめてから渡ってくださいね。


それと、イギリスは、自転車が歩道ではなく車道を走ります。ダブルデッカーバスなどの大きな乗り物の後ろからひょいと自転車が結構なスピードで出てくる場合もあります。


視界がクリアで、左右の車がない、もしくは絶対安全な距離だな、と思ったら、信号無視もありがロンドンスタイル(?)です!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン
スポンサーサイト

秋のイギリスとその服装

さて、イギリスも少しずつ秋の様子になってきました。しかし、ここ数日はそこまで寒くもならず、ぽかぽかといいお天気の日も見れます🌞

今年は、夏の間に長い熱波が来て、ぐったりした方も多かったのですが、最近のお天気は「そうそう、イギリスの気持ちいい夏ってこれだよね!」という感じ。晴れた日は、長袖でも、半袖でも気持ち良い、湿気がなくて過ごしやすい、という感じです。

、、と同時に、少し服装に困る時期でもあります。ロンドンの地下鉄の中は、原則外気より10度高い、とお考えください。
なので、外が、気持ちのよい、23度だとしても、中は33度くらい。けっこう暑いです。💦

そして、昼間や、建物の中は暖かくても、陽が陰ってくると、急に寒く感じたりしますので、半そでに何かを羽織ったり、薄手の長袖を重ね着したり、脱ぎ着ができる格好が今一番重宝します。

しかし、ロンドンには季節感がない格好の方もたくさんいます。そんなに寒くないのに、もこもこのファージャケットを羽織っている人。逆に、けっこう寒いのに、半そでに短パンのままの人(これは、真冬でも出現する #イギリスあるある です)。。。

周りの格好に左右されず、カーディガンやパーカーなど使って、残り少ない晴れの日を十分に楽しみましょう!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

盗難未遂にあいました → ロンドンの治安のお話

こんにちは。

AverieのHです。


先日、ロンドンの地下鉄に乗っていて、携帯電話を盗まれそうになりましたので、そのお話です。


乗っていたのは、平日の午後2時半くらい、特に混雑していない地下鉄で、車両内はまばらに人が座っている程度でした。


私が座っていたのは、座席の一番はじ、ドアに近いところでした。


テキストを打つために、携帯電話を使っていたところ、一つの駅に到着したときに、同じ車両にいた、ティーンエイジャーの子が、降りるタイミングで私の携帯をつかみ、逃げようとしました。


たまたま私が両手で携帯を使っていたため、携帯が手から離れて床に落ち、盗まれることにはなりませんでした。


すると、その降りた子供の友達が、車両に残っており、「ジョークだから気にするな」と話しかけてきました。


私はもちろんジョークではないことはわかっていると伝え、失敗したからジョークと言っているけれど、成功していたら彼は完全なる泥棒である、と言いました。


その友達らしき人は、気まずそうに立ち上がり、次の駅で降りました。


この出来事で、一点思い出したのですが、最近ロンドン市内でこのようなティーンエイジャーによる、ひったくり犯罪が増えているというBBCのニュースが最近あったばかりです。


Ride-by moped thefts on shoppers rise in London
BBC ニュースの記事(英語)


Moped という、スクーター/モーター付き自転車みたいなものに乗った人たちが、オックスフォードストリートなど、人が混雑しているところで、スマートフォンをひったくり、逃げる事件が最近増えているというレポートです。


最近までロンドンの混雑した通りでおきる犯罪といえば、すきを狙った置き引きやすりが主だっていたのですが、混雑している中でも素早く逃げることができ、二人乗りなどができる、このMopedを使ったひったくり犯罪が増えているようです。

また、クレジットカードやお財布などではなく、多くの人が普通に使用している、スマートフォンを狙っているケースが多いようで、ロックを解除し、すぐに多額で転売できるのが魅力のようです。

多くのケースは、歩きながら電話をしていたり、スマートフォンを手にもった状態でいると人を狙って、不意打ちでひったくり、そのままMopedで足早に逃げる、という感じです。

今回私に起きた事件は、未遂で終わりましたが、やはり一瞬のすきを狙って、不意打ちで手からひったくろうとした犯罪です。


振り返ってみると、以下のような条件がそろっていました。

1) 携帯電話が、iPhone X
2)  地下鉄の駅が地上の駅 → 逃げやすい
3)  ドアに一番近いところに座っていた
4) 人が少ない時間帯 → 逃げやすい


電話で話をしている人は、片手で軽く握っているだけですし、例えば写真撮影やセルフィ―を撮ろうとしているときなども、携帯を自分の体から離した状態で、写真を撮るのに集中していたりしますし、ひったくられるリスクが増えるのかと思います。


さて、私の場合は実際に盗まれてはいないものの、事件発生時に同乗していた方から(まったくの他人ですが、親身に声をかけてくれました)のアドバイスもあり、交通警察に届けることにしました。


ロンドンの地下鉄、(そしてたぶんバスも)内で起きた事件(物の紛失、盗難を含む)で、999(緊急・一般警察)の必要性がない場合は、一般の警察ではなく、交通警察にレポートします。

※犯罪が今目の前で起きている場合は、999(警察)です。


さて、どのようにレポートするのが一番良いのかと、自分が降りた駅のスタッフに聞いたところ、British Transport Police (交通警察)の、建物に実際に足を運んでレポートをするのが一番早い、とのことでした。

ただ、もう起きてしまったことですし、未遂に終わったので、そして、自分も用事がありましたので、オンライン上でレポートをすることにしました。


British Transport Policeのウェブサイトに行くと、オンライン(Eメール)でのレポートと、携帯電話を使ってテキストメッセージ(SMS)でのレポートと両方ありましたので、今回は携帯電話のテキストを使ってみました。


レポートを出して、数時間後に、自動メッセージで、詳細内容を聞くメッセージが来ました。
(最初のレポート内に、発生日時やその他含めたのですが、同じことを聞く内容でした・・汗)

その後、詳細内容を送りましたら、犯罪ケース番号があてがわれた旨、調査を始める旨の返信が来ました。


最近、警察の人員不足も問題になっており、特に、ロンドンは色々な犯罪がありますので、私の今回のケースは優先順位で言うとかなり最下位に近いかと思うのですが、「このような犯罪が増えている」という統計の一つにせめてなってもらえれば、、と願っています。


ちなみにですが、もし実際に盗まれてしまった場合は、この「犯罪ケース番号」が保険の申請の時に必要となります。


これから、冬が終わり、暖かくなっていきますし、こういう犯罪はさらに増えていきそうです。


人を傷つけてまで財布やスマートフォンを盗もうとすることは稀ですが、このようなすきを狙った犯罪の方法がどんどん増えていっていることを実感しました。

やはり、防犯のためにも、

1)貴重品は、しっかりと身に着ける
2)人目にさらさない

というのを心がけていきたいと思います。


常に気を付けることで、小犯罪を防げますので、皆様にもロンドンをはじめ、人が多い都市を訪問する際には気を付けていっていただきたいと思います!!!



こちら、たまたまプラットフォームが無人だった、地下鉄駅の様子です。
弊社インスタグラム(@welcometomorrow) より




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン




あけましておめでとうございます&12夜の話

Happy New Year!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

イギリスは、お正月は大みそかにパーティーをしてお祝いをし、1日は休み、2日から普通に戻る感じです。
お正月の飾りなどの習慣はないので、街中には、クリスマスのデコレーションがずっと残っていました。



さて、今日、1月5日は、12夜(Twelfth night) と呼ばれる日で、実はクリスマスに関連しています。
国によって数え方は違うところもあるみたいですが、イギリスは、本日、1月5日になり、Epiphanyという、3人の王が生まれたキリストに会いに来た日、という事で、公式に「クリスマスの最終日」とされています。

この日より前や後にクリスマスのデコレーションをはずす事は実はアンラッキーとされており、もし、12夜をすぎても残していた場合は、同じ場所に一年中置いておく方が良いというアイディアもあるとか!?
人々の信仰では、木の精霊がクリスマスのデコレーションに宿っており、飾りをはずして、精霊を放ってあげることで、豊作になる、作物の不足がなくなる、という考えだったそうです。

もちろん、今はそれを信じている人は少ないと思うのですが、町の飾りつけなどはその慣習に習って、本日とりはずし、となっています。




キラキラしたクリスマスデコレーションがなくなるのは少しさみしいですが、ロンドン中心部はよく色々なデコレーションなどがされますので、今後また目で楽しめる内容を期待していきたいと思います。


それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓

人気ブログランキングへ


ジモモ ロンドン

ご無沙汰しています。。。

すみません。。。
すっかり前の記事から開いてしまいました。。。

ロンドンはすっかり夏、、、ですが、30度を超える事はめったになく、地味な天気の日々が続いております。
まだ日没は夜8時すぎくらいなので、お仕事や学校終わりでも、明るいです。
晴れていると気持ち良いので、お散歩など是非して下さいね。

さて、今後Averieから留学後の就職支援についてのエキサイティングなお知らせがあります。

情報解禁になったら、こちらでも発表いたします!!!

また、Averieではロンドンの毎日の暮らしの様子を写真やムービーでアップしています。
英語を勉強したい、イギリスのカルチャーが好きという方はもちろん、とにかくロンドンが好き、イギリスが好き、という方の架け橋になりたいという思いから、あえて「宣伝」ではなくて、「日常」をご紹介しようと思っています。

Tower-small.jpg


ご興味がある方は、是非ご覧ください、そしてお気軽にフォローお願いいたします!



AVERIE Twitter
AVERIE Instagram @Welcometomorrow


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。