FC2ブログ
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
21
22
23
25
26
27
30
31
   

【超基本】 簡単すぎて授業で習わないけど、大事な英語フレーズ!

皆さまこんにちは。

昨日の【超基本】イギリスに関するよくある質問はお読み頂けたでしょうか?

それに引き続き、今日は「超基本」シリーズで、日本で習う英会話だと意外に習わない「超基本英語フレーズ」をご紹介します。


実は現地で留学生を受け取る業務についていると、シェークスピアを原文で読めたり、英会話教室で難しい時事問題について語ったりできても、生活のシチュエーションで意外に、「あれ、なんて言ったらいいんだろう?」となる人に出会う事もしばしば。。。


日常の生活では、実は簡単すぎて英語の授業で習わないような小さな一言が意外に大事だったりします。


と言うわけで、以下にこの超基本を例と共にご紹介します。


語学初心者の方、イギリス留学を控えている方は役にたつかも!?


それでは、レッツゴー!



① 「はい」

IMG_1003.jpg


そんなの小学生でも知っていますが、「はい」はYESですね。笑


しかし、例えば、ホストファミリーと食事をしていて

「このサラダ、もっといりますか?取り分けてあげましょうか?」

と言われた時、

「YES

だけでは、ちょっと物足りません



こんな時の気持ち良い自然な返答は

「Yes please」

です。


意訳をするなら、

「●●をしてあげましょうか?」

と聞かれて

「はい」


と答えるだけか

「はい、お願いします」

と言うかで印象が変わりますよね。



この「Please」をつけるかつけないか、で小さな差に思えるかもしれませんが、ずいぶん印象が違うのです。


その他によくあるシチュエーションとしては、買い物をした時にお店の人に

「Would you like a bag?(袋はいりますか?)」

と聞かれた場合

「Yes please」

の返答がマナーとしてあっています。



②断り方 は「NO」?


IMG_1004.jpg



それでは、何かを勧められたりして、いらない場合、YESの反対は、これまた誰でも知っているNOなのですが、先ほどのお店のシチュエーションで


「袋はいりますか?」


と言われて



「NO」


と言う返事はあまりにもそっけないのは、ご存知かと思います。


よく聞くそれ以外の表現は「No thank you」で、これでももちろん合っています。


が、これも「いえ、結構です」と言う風に聞こえて、時にはちょっとフレンドリーさが足りないかもしれません。


そんな時に、使うと良いのは


「No thanks, I'm alright」



と言うような表現。


「いりません。大丈夫です

という感じで、もっとフレンドリーにスマートに断れる表現です。



また、この「大丈夫」という表現、日本語の感覚と少し似ているかと思います。

「もっとお酒を飲みなさいよ~」

と勧められたら、

「いらない」

とも言えますが、

「大丈夫大丈夫」

とも言うのは英語も同じ。

「No I'm ok!」


と言うと、「(もう飲めない)大丈夫大丈夫!」と断る表現になります。

ふとした英会話で「NO」がうまく言えない日本人、、、なんて話も聞きますが、NOだけを使うだけが断る表現じゃないんですよ~。




③ Pleaseを使おう!


IMG_1007.jpg


YESにつけると丁寧に聞こえるこのPleaseですが、選択肢がある時にも使えます。


例えば、


「Would you like some coffee or tea? (コーヒーか紅茶いかがですか?)」

と聞かれたら


「Tea」


だけだと


「紅茶」


と答えているだけに聞こえます。


ここで


「Tea please」


と答えると



「紅茶でお願いします」



になりますので、もっとフレンドリーに聞こえます。


そして、ホストファミリー宅やお友達の家で、紅茶を頼んだら、聞かれるかもしれないのが、以下の二つ。


White or black?

(ミルクをいれますか?)
(ミルクをいれる=ホワイト、いれない=ブラック)

How many sugar? 

(お砂糖はどれだけいれますか?)
(角砂糖の場合もありますが、ティースプーンで何杯、と数える上での、How manyになります)



この様な時も、White、NO と答えるだけでなく、
White please.

No sugar please.


と言えるととてもナチュラルに聞こえます。



④ Please の続き

IMG_1005.jpg


この丁寧に聞こえる、Pleaseですが、何か勧められて答える時につけると丁寧になりますが、こちらから何かをお願いする時は、Pleaseだけだと物足りません。



例えば、レストランで何かを注文する時、


「Fish and chips please」


でも通じます



でも


「Can I have fish and chips, please?」



がもっと丁寧でスマートな注文の仕方です。


これは、カフェで飲み物を注文する時も一緒。


「Small latte please」


でも良いですが、


「Can I have a small latte, please?」



よく使うフレーズです。



このCan I.... please? をもっと丁寧にするには、Could I, Could you などが使えます。



例えばホストファミリーと話をしていて、ホストが言うことがわからなかったら、


「Please repeat(もう一度)」

でも通じるのですが、、、


Could you say it again please?(もう一度言ってくれますか?)」




の方がずっと気持ち良くお願いができます。



語学学習を始める時は、そんなつもりがなくても、このちょっとしたフレーズがとっさに出てこない事で、ちょっとぶっきらぼうな返答になってしまう事がよくあります。


この記事の事を少し頭の片隅に置いておくと、ふとした時に、出てくるかもしれませんよ!


あとはひたすら慣れです!


イギリスに到着してからたくさんがんばってください!



Averieの現地サポートでは、英語表現に関するアドバイスも生活アドバイスの一つとして行っています。

もちろん、翻訳や通訳サービスではありませんが、

「こんなシチュエーションの時、なんて言ったらいいんでしょう?」
「こうやって言われた気がするけど、いくら調べても意味がわかりません!」


と言うような生活に関する英語のお悩みにもアドバイスをしています。


ちなみに、翻訳や通訳アテンドが必要な方には、別途にサービスもありますのでお気軽にカウンセラーまでお問い合わせ下さい!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン
スポンサーサイト

【超基本】イギリスに関するよくある質問~今更とか言わないで!~

皆さんこんにちは。

もうすぐ11月なのに暖かいロンドンです。
昨日と今日は青空も見えていて、学校の中休み時期なので、街にも老若男女であふれています。

先ほどの天気予報士からの話によると、「今年のハロウィンはこれまでで一番暖かいハロウィンになる」とか!
仮装の有無に関わらず、暖かい天気は大変ありがたいものです (^ ^)


さて、今日はタイトル通り、最近お仕事を通して、何度かぶつかった

超基本



だけど、もしかすると



よく考えてたら聞くのを忘れてたかもしれない




というイギリスに関する質問をまとめてみました。


内容と順番はまったくランダムですので、あしからず・・・


それではさっそくどうぞ~


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



①水道水は飲めますか?


Water.jpg


答え: 飲めます!

キッチンの水道の水がお勧めで、バスルームの水も飲めなくはないですが、あまり、、ですよね。
公共の場のトイレなどは、「飲めません」という注意書きがあるところもありますので、ご注意を!

ちなみに、イギリスの水は、硬水です。
日本は軟水です。

お風呂で顔や髪の毛が荒れる~なんて声もありますが、しっかり保湿してがんばりましょう。





②両替はどこが安いですか?



pounds.jpg


答え: 日本で両替してきてください!


これほんとです。。
現金を海外キャッシングなどで出す場合はまた別ですが、日本円の現金をイギリスポンドに替えるのは、日本でする方が断然レートが良いのです。

イギリスでは日本円は不要なので、「日本円を出して、イギリスポンドを買う」需要がありません。

なので、日本円の価値が下がってしまう → レートが悪い

という状態です。

何故か、イギリスでした方がいい、と思っていらっしゃる方にたまにお会いするのでいれてみました。

そして、どうしても日本円の現金をイギリスポンドに替えるのが必要な場合は、、、

ハイストリートに大体存在するMarks & Spencerというデパートがレートがよく、手数料がかからないので、お勧めです。





③チップはあげますか?



london-black-cab.jpg


答え: レストラン、カフェ、タクシーであげる事があります


庶民が行く場所の事の話になりますが、基本的にチップが発生するのは、タクシーとレストラン、カフェになります。

タクシーは、端数の切り上げ、例えば 料金が£18 だったら、20ポンドを渡して、おつりはいらない、としたり、
£12で、20ポンド札しかなかったら、おつりをもらって、一部を返す、と言うのが普通ですが、
もちろんサービスにもよりますので、タクシーの運転手が失礼だったりしたら払う必要はありません。

レストランは最近「Service Charge」として、勝手にチップのような料金が加えられているところが増えています。

お会計をテーブルでする時に、レシートを確認すると必ず「Service charge」として何パーセントか含まれているか、
Service charge is NOT includedと書いてあったりして、チップを促すようなシステムになっているかどちらかです。

この場合、含まれていたらほぼ必ず支払いますが、含まれていない場合は、ご自身の判断となりますが、
大体やはり多少は支払います。10%分くらい、もしくはおつりが少額だった場合は、それをそのまま置いていくなど。

ホテルに滞在する方で、ベッドメイキングの人にあげる場合は、50ペンスくらいずつを毎日ベッドに置いておくとよいみたいです。





④夜歩くの危ないですか?


london-eye-at-night.jpg


答え: 絶対安全という場所はありません



と、なんだか禅問答のような答え方ですが、これ、ロンドンに限らずどこの地域でも実際にそうなんです。
問題は、何を安全とするか、ですよね。
どんなに高級地区で安全な地域だとしても、何のタイミングで、危ない事に巻き込まれるか、はわかりません。

その地域に慣れてくれば、どのようなルートを通る事、何に気を付けるか、で安全に自分の滞在先まで帰れるか、がわかってくるようになりますが、なじみのない地域で、一人で出歩く場合は、用事が終わったらタクシーをとる、などするのが一番安全です。

大丈夫だろう、と思っていて、道に迷って、誰かに後をつけられた、、なんて事がないように、知らない場所では自分で防犯策を練りましょう!

ただ、普通に過ごしている分には、ロンドンは大体安全です。
「思ったより安全な場所ですね」という声もよくお聞きします。

スリ、置き引きなどの小犯罪にさえ気を付ければ、歩いていて怖いことが起きる、という事は滅多にありませんので、そういう意味での難易度は低いです☆



と言うわけで、今日はここまでです!

また、思いつく「超基本の質問」があったら、随時増やしていきたいと思います!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

【お知らせ】今週末日本とイギリスの時差が9時間に変わります

皆さまこんにちは。

10月もだいぶ後半。

イギリスも、そろそろ冬かなぁ、、という時期になってきましたが、その割にはまだまだ暖かです。
今年も去年のように暖冬でありますように、と願うばかりです。



さて、今週末の10月26日にはサマータイム(BST)が終わり、グリニッジ標準時(GMT)に戻ります。


Clock.jpg





日本との時差は、これまで8時間でしたが、



9時間になりますから、ご注意下さいね。



時間が戻るのは、10月26日の午前2時です。
いつもの調子で午前3時になると思いきや、また2時になります。



深夜ラジオなど聞いていると、「はい、また2時でーす!」と言う声が聴けるはずです。

サマータイムになる時と違って、時間を合わせるのを忘れても、待ち合わせに遅れる心配はありませんが、一時間早く着いちゃう可能性はありますね。


インターネットにつないであるPCやスマホ、タブレットなどで、自動日時設定にしてあるものでしたら、勝手に変わってくれます

手動のものはもちろん自分で変えましょう。

以前は、地下鉄内の時計など、手動だったので、時間が変わってもそのままだったりして焦る時がありましたが、最近はほとんどの場合、ちゃんと変わってくれています。

夏タイムで失った1時間を取り戻す時ですから、皆さんそれぞれ有効に(?)お使い下さい!

では良い週末を!


Shioriさんインタビュー ~ルックブック撮影の裏側~

皆さまこんにちは。
月曜日、今日はフレッシュスタートにふさわしい青空が見えるロンドンです。

さて、お約束通り、先週のブログに引き続き、フォトグラファー・スガタケシさんの撮影に関わったShioriさんの特別インタビューをご紹介します。

これまでAverieのゲストブログでも何度かご紹介させて頂いたShioriさんは、実はAverie代表のお友達です。

以前ご紹介したゲストブログにもありますが、Shioriさんは、イギリスでお花に関するお仕事をしていらっしゃるんです。

Shioriさんによるロンドンのフラワーマーケットの様子が読めるブログはこちらです。

今回のインタビューでは、先日Shioriさんが関わった、ショップのルックブックの撮影の様子を、写真と合せてご紹介して行きます。

それではShioriさんよろしくお願いします!

Shioriさんがイギリスに来たきっかけは何ですか?

「イギリスでは、ロンドンで語学学校で英語を勉強した後、ファッションマーケティングの勉強をしました。

その時に出会ったイギリス人と日本に帰った後も遠距離恋愛をし、結婚する事になり、またイギリスに戻ってきて、今は夫とロンドンに住んでいます。」



お花のお仕事について教えて下さい。

「元々母が池坊(生け花)をしていて、自分も母から習ったりしてずっとお花に関わっていました。
ヨーロッパに興味があった事もあり、ロンドンから帰国後に、ヨーロピアンフラワーアレンジメントの資格を取りました。

そのような背景を元に、今は、イギリスでフリーランスでフラワーアレンジメントの仕事をし始めました。これまでは口コミで、ウェディングの仕事に取組み、ブーケ、花輪などを作成しました。」

Shioriさんへのお仕事ご依頼はこちらより→ shiori.flowerdesign68【at】gmail.com
【at】をアットマークに変えてくださいね。



スガさんの撮影に参加したきっかけは何ですか?

「スガさんとは共通の友達を通じてロンドンで知り合いました。スガさんが、ビンテージショップのルックブックの撮影依頼をされていて、私に声がかかりました。

お花のイメージが、ショップに合いそうなので、撮影に使いたいと、スガさんがアイディアを得たのがきっかけでした。

私は、撮影用のテーブルアレンジの作成をしました。スガさんと打ち合わせで話しをしているうちに、ロケハンや撮影のアイディア出しにも参加し、モデルのキャスティングもしました。結局、お花の作成に加えて、撮影アシスタントのような形で作品に関わる事ができました。

モデルは、キャットウォークで歩くような、いわゆる「モデル」の雰囲気を持たない人をイメージしていたそうで、私の知り合いのロシア人の子の事を思いつきました。

元々実際にモデルをしている友達ですが、モデルエージェントへの所属ではなくフリーランスで行っているそうで、リアルでナチュラルな感じが撮影のイメージにぴったりでした。」


Suga8.jpg
Shioriさんと、モデルのAnnaさん

Suga5.jpg


ルックブックを作成した、ショップ、Leftoverについて教えて下さい。

「南ロンドンのBrixtonビレッジという最近おしゃれエリアとして成長している場所にあるショップの一つ。

フランス人とアメリカ人の両親を持つパリ出身のオーナー、マーゴさんがこだわりぬいてセレクトした南フランスで買い付けしてきたアイテムがたくさんです。

ビクトリア時代のドレス、ブラウス、スカート、ビンテージアクセサリーなどを扱い、日本の雑誌でも紹介されたそうです。」

お店のFacebookページはこちら

Suga7.jpg


撮影に使用したお花の作成について教えて下さい。

「ほとんどスガさんからお花のイメージについての指示はなく、ショップのウェブサイトやショップのウィンドウなどを実際に見たりして、作成する花のインスピレーションを得ました。

唯一聞いていた事は、撮影の場所としてショップのオーナーの庭を使い、リラックスした雰囲気で行う事、と言う事でした。

「ナチュラルさ」を出すために、素焼きの植木鉢を花器として使い、アレンジをすることにまず決めました。

グリーンを基調に、庭で取ってきたような風にしたかったので、ブルー、グリーン、ホワイトなどのアザミ、スノーボール、ユーカリ、ベロニカ、小菊などを使用し、特にバラはこだわり、ショップから仕入れるバラではなく、(Shioriさんの)自宅の庭でとれた虫食いのあるようなイングリッシュローズを使用しました。

自然界にありそうな感じに見えつつ、自然では実際に起きえない組み合わせ、形状、を意識して作成しました。」

Suga2.jpg

Suga1.jpg


実際の撮影はどんなでしたか?

「スガさんの作品の個性は自然光を利用した写真。
そのため、スタジオでの撮影ではなく、外での撮影なのでこの時期のロンドンは雨が多いので、少し不安でした。

しかし、運良く当日は晴れ。まずは公園で撮影をしました。花壇などを背景に、ドリーミーな雰囲気の写真を撮影。

次はショップオーナーのマーゴさん宅に移動し、マーゴさんのお庭で撮影。ここで私のお花が撮影に登場します。モデルに手にもってもらったり、机に置いたりして撮影をしました。

スガさんの撮影を横で見ていて、感じた事はとにかく集中力がすごい事。

ロモグラフィーの特別なレンズを使用して、自然光のみで撮影をしているのですが、手当たり次第に撮るわけではなく、一つ一つ切るシャッターの重みを感じました。」

Suga3.jpg


Suga9.jpg



最後に…撮影を振り返って

「私が思うスガさんの写真はドリーミーで永遠ではない一瞬の美しさに気づき、それを永遠に残る写真の中に封じ込めるかの様に見えます。

美しい色彩。 躍動感。揺らぎ。絶妙な情緒、不安定感。人、植物、空気、建物、自然、水、光等の持つ美しさを引き出す、ノスタルジックで、少しエキセントリック、 小説の様な写真です。

スガさんと私は、好きな映画や音楽など趣味が似ている部分が大きいので、私もすんなりと撮影のイメージに入っていけました。女性の美しいはかなさ、永遠性のなさ、をビンテージの服を使用して表現したので、今も昔もトレンドに左右されないという点で、雰囲気にぴったりだったのではないでしょうか?

今回このルックブックに関わる機会があって、本当によかったです。自分の作ったお花の作品が少しでもこうして撮影に使われる事があって嬉しく思いました。

このような撮影の機会を経て、お花とファッションの融合について考え始めました。スガさんとは、いつかショートフィルムのような作品をとれたらいいな、と話していましたので、いつか本当に実現したら嬉しいな、と思います。」

Suga6.jpg

Suga4.jpg

ここまで全ての写真は、Shioringさんご提供です。当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。


Shioriさん、貴重なインタビューをありがとうございました!


お話を聞いて改めてつくづく思いましたが、ロンドンはこのように「人と人との出会い」と言うのが広がっていく場所ですね。

Averieは留学エージェントという立場ではありますが、イギリスと日本をつなぐ小さな架け橋でありたい、と思っています。

留学はその一つのツールですが、そこをきっかけにして、人それぞれ、色々な進む道があります。

イギリス留学を通じて何か自分の道を見つけたい、と思っている方々のお手伝いがしたい、と言うのがAverieの願いです。

今回のようなインタビューのご紹介などを通して、少しでもそのような気持ちが伝われば幸いです!


=================================

今週水曜日スタートの東京のロモグラフィーのショップで開催されるスガさんのエキシビションで、 このルックブックの撮影で撮った写真を一足早く公開するそうです。 関東近郊にお住いの方は、是非足を運んで下さい!

Flyer-Suga.jpg


☆開催日:10月22日(水)~11月8日(土)
☆会場:東京千代田区Lomography+ストア


トークイベント、レセプションパーティー等もあるそうです。

詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://www.lomography.jp/magazine/events/2014/10/16/takeshisuga-lomography-events

☆Takeshi Sugaさんが、東京+京都+名古屋でワークショップを開催します。

Flyer-suga-workshop.jpg

詳細はこちらから↓
https://www.facebook.com/notes/633257920128156/


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

Takeshi Sugaさんの日本でのイベントのご紹介!

皆さまこんにちは。
つい先日、「9月に入ってしまいました!」というブログの出だしだったのに、もう10月も半ば!

こういう時の英語は、

Time flies.

(光陰矢の如し)

ですよ。

さて、月日が過ぎ去る間にAverieでは、お休みをしていたわけではなく、その逆で、とても忙しく色々な事に関わっておりました。

皆様にブログを通じてお伝えしたい事もたくさんあるのですが、書く時間が追い付かない状態です。
時間ができましたらどんどんアップしていきたい、と思います。

その中でも、タイムリーな話題が一つ。今日はそのご紹介です。
(↑前置きが長すぎますね。汗)

前回のブログでご紹介した、ロンドンを拠点に活躍するフォトグラファーの、菅武志さんが日本での写真展とワークショップを開くという事で、そのご案内です。

菅さんのロンドンでのエキシビションに行ったレポートはこちらより


"Lomography × Takeshi Suga Special Exhibition"

Flyer-Suga.jpg


ロンドンを拠点に活躍中のフォトグラファー Takeshi Suga さんの写真展です。

開催日:10月22日(水)~11月8日(土)
会場:東京千代田区Lomography+ストア

トークイベント、レセプションパーティー等もあるそうです。

詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://www.lomography.jp/magazine/events/2014/10/16/takeshisuga-lomography-events


Takeshi Sugaさんのワークショップ開催

Flyer-suga-workshop.jpg


Takeshi Sugaさんが、東京+京都+名古屋でワークショップを開催します。

詳細はこちらから↓
https://www.facebook.com/notes/633257920128156/


菅さんのような世界観の写真を撮りたい、単純に写真が好き!、フォトグラファーを目指す方はもちろん、イギリスのカルチャーやアート&デザインが好きな方、もしくはイギリスでアーティストとして仕事をする事にご興味がある方、留学を目指している方など、実際に今イギリスで活動をしている方のお話を聞けるまたとないチャンスです。

菅さんはこのイベントが終わったらまたイギリスに戻ってきてしまいますので、本当に今限定のチャンスですよ!

Averieは菅さんの写真のファンであるのももちろんですが、語学はもちろんの事、イギリスが好き、イギリスの何かが好きで留学したい、という方を積極的に応援しています。

次のブログでは、菅さんの撮影に関わったまた別の在英日本人の方のインタビューを掲載いたします。
お楽しみに!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる