FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスでの時間の言い方【英語】

そろそろ秋になり、陽が落ちるのも早まってきました。

夏の間は、夜9時くらいにも明るい空でしたが、最近は夜7時前に暗くなってきてしまいます。これが、冬時間になるともっと暗いんですよね。。。


さて、今日はイギリス英語の時間のお話です。🕰


こちらの写真の時計、約6時35分を示しています。もし、「今何時ですか?」と聞かれたら、「6:35 (six-thirty-five)」と答えることができます。


でももし、6時半だった場合、イギリスではよく、

「Half past six(ハーフ・パスト・シックス)」

もしくは、

「Half six(ハーフ・シックス)」という表現をします。

そして、15分と45分の場合、今度は「Quater(クォーター)」を使います。



例えば、6時15分は


「Quater past six(クォーター・パスト・シックス)」


そして、6時45分は、


「Quater to seven(クォーター・トゥ・セヴン)」


と表現します。


6時を4分の1過ぎた、もしくは、7時まであと4分の1、という表現です。



もちろん、「6:30(Six-thirty)」や、「6:45(six-forty-five)」とそのまま数字を言っても通じます。

ただ、ホストファミリーなど、口語でカジュアルに、上記のハーフやクォーターを使った表現を耳にすることが必ずあるはずです。


あまりなじみがないと、「ん、なんだか難しい!?」とお感じになられるかもしれませんが、、大丈夫です。
数学が大の苦手の私でもこの表現を使って生活できていますので、ひたすら慣れることが大事でございます。💪



ちなみに、ミッドナイト(midnight)🌃という表現、日本では「夜遅い、深夜」という意味で使われることもありますが、英語でMidnightと言うと、夜の12時ジャストを差します。深夜(夜ふけ)にの場合は、in the middle of the nightというような表現があります。



また、夜遅くの意味になるLate nightですが、テレビの放映ルールによると、午後11時半から、午前2時くらいまでが「レイト・ナイト」の区切りだそうです。



この辺りの時間の感覚はちょっと難しいところで、これと言った正解はないと思います!



という感じで、時間についてのお話でした♪ではまた!👋





○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン
スポンサーサイト

ロンドンの道の渡り方

イギリスの道路は日本と同じ、左側通行です。つまり、道を渡るとき、車は右側からやってきます。しかし、日本と違うのは、信号無視で道路を渡る人がすごーく多いこと。それどころか信号がないところでもどんどん渡ります。


初めて制服を着たパトロール中の警官が平気で信号がないところを渡っているのを見たときは、え!?と思ったものです。笑


交通量の多いところ、特にロンドンにいらっしゃった際に気を付けて頂きたいのは、ロンドン人は信号がないところで道をささっとわたるのに慣れているということ。ただし、その人のタイミングがすぐ後ろのあなたのタイミングで安全とは限りません。


他の人につられて歩きだすと、実は車がもっと近くまできていた、なんてこともありえますので、道を渡るときは自分の目でしっかり
左右確かめてから渡ってくださいね。


それと、イギリスは、自転車が歩道ではなく車道を走ります。ダブルデッカーバスなどの大きな乗り物の後ろからひょいと自転車が結構なスピードで出てくる場合もあります。


視界がクリアで、左右の車がない、もしくは絶対安全な距離だな、と思ったら、信号無視もありがロンドンスタイル(?)です!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

秋のイギリスとその服装

さて、イギリスも少しずつ秋の様子になってきました。しかし、ここ数日はそこまで寒くもならず、ぽかぽかといいお天気の日も見れます🌞

今年は、夏の間に長い熱波が来て、ぐったりした方も多かったのですが、最近のお天気は「そうそう、イギリスの気持ちいい夏ってこれだよね!」という感じ。晴れた日は、長袖でも、半袖でも気持ち良い、湿気がなくて過ごしやすい、という感じです。

、、と同時に、少し服装に困る時期でもあります。ロンドンの地下鉄の中は、原則外気より10度高い、とお考えください。
なので、外が、気持ちのよい、23度だとしても、中は33度くらい。けっこう暑いです。💦

そして、昼間や、建物の中は暖かくても、陽が陰ってくると、急に寒く感じたりしますので、半そでに何かを羽織ったり、薄手の長袖を重ね着したり、脱ぎ着ができる格好が今一番重宝します。

しかし、ロンドンには季節感がない格好の方もたくさんいます。そんなに寒くないのに、もこもこのファージャケットを羽織っている人。逆に、けっこう寒いのに、半そでに短パンのままの人(これは、真冬でも出現する #イギリスあるある です)。。。

周りの格好に左右されず、カーディガンやパーカーなど使って、残り少ない晴れの日を十分に楽しみましょう!



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。