FC2ブログ

イギリス好きな貴方を応援する Averie LTD

イギリス専門、ロンドン発の留学エージェントです。留学情報に限らず、イギリス、ロンドンのおもしろい情報を幅広くお届けします

-

【ジョンソン首相のスピーチ】ロックダウン解除に向けてのステップ1?【イギリス】

こんにちは。
昨日日曜日の午後7時、ジョンソン首相から国民に向けてのスピーチがありました。


正直言って、色々な意味で明確性に欠ける内容で、さっそくソーシャルメディアでも「え?結局なんなの?」と言う感じのコメントが続出・・。 これまで国民が持っていた質問に答える内容というよりも、今回のスピーチによりさらに質問が生まれてきた感じです。

そして今回ジョンソン首相のスピーチで出た内容がそのまま適用されるのは、イングランドだけになります。


スコットランド、ウェールズは、今回の内容を元にそれぞれの自治政府の首相が決めるルールなので、多少内容が変わってくるようです。正直困惑します・・。


では、イングランドのこれからのルールについて、BBCのウェブサイトにまとめてあったことから、留学に関連性のあることを書きだしますね。和訳は私の意訳も入っていますので、悪しからず・・!


=============


①仕事一般について

月曜日から、家からの仕事ができない人は、仕事に出ることを「推奨する」と言うこと。でも、通勤する際に公共の交通機関を利用しないように、とも言われました。

自家用車がなく、仕事場が徒歩圏でない人はどうしたら良いのでしょうね・・?
家からの仕事ができない人、の範囲や判断の仕方も明言されなかったので、難しいところです。 .


============= .

②学校について

イングランドの小学校(Primary Schools)は、ステージに分けて再開をする予定と述べられました。一番早くて6月1日になるそうです。レセプション、イヤー1、イヤー6がまず戻る学年になることが予測されています。


また、来年全国統一試験を受ける予定の中高生についても、夏休みに入る前に「教師との時間を少しでも設ける」「大望」を持っていると言及したそうですが、なんともあいまいです・・

ウェールズの自治政府は、6月1日に学校が再開することについては、「それは起きない」と発表しました。

スコットランドの自治政府首相も、「6月1日に学校が再開することについては期待できない」、と発表しました。


学校を再開するとして、具体的な方法は発表されていないのですが、生徒と教師の安全を守るためにとると予測されている策は以下のような内容のようです。


・クラスサイズの制限
・グループごとに日にちを変えて登校
・クラスルームのデザインの変更
・休み時間を交互にとる

============== .
.
③大学について

大学について、9月以降の見通しについては、明言がありませんでした。

そのため、大学生が9月以降に実際に大学に戻って授業を受けることができるのか、一部、もしくは全体がオンライン授業になるのかについては、まだ一切明らかでないままです。


==============
.
④空路の入国者について

ジョンソン首相は、アイルランドを除く、国外から空港ルートで入国する人に関して、14日間の自主隔離を強制することを「通知する」と述べました。

イギリスの航空会社は、これは今月末から行われると聞いているそうですが、実際いつからになるのか、の詳細は発表されませんでした。


================= .


まとめ(感想)


大幅な変更は見込めない、と元々言われていたものの、ゆる~く変更した内容が逆に混乱を招くのでは、と心配になる内容でした。

今回のスピーチを機にこれまで「家にいよう」だったスローガンを「警戒を続けよう」に変えたのですが、スコットランドとウェールズの自治政府首相はそれぞれそのスローガンの変更に同意していないとし、両国では、「家にいよう」のスローガンが続くようです。

明瞭さに欠け、個人的に色々解釈ができてしまうような指示を出したことで、これまでがんばってきたウィルスへの対策が結果的にUターンしてしまうのでは、という不安も感じます。


「科学」や「数字」を元に次のステップに進むかなどを様子を見ていく、と首相は述べていましたが、それって結局また感染者数や死者が増えたら、やっぱりルールを元に戻します、という、振り子状態になるのでしょうか。

結局のまとめは「これから引き続き様子を見ていきます」だと思うのですが、また第二の波がきて、感染者数や死者数が増えるのかもしれない、と言う可能性はなんとも心配になります。


そして、イギリスの学校に在籍中の生徒さん、9月以降に新入学生になる予定の方々にとっては非常に不安定、全く先の見えない状態になってしまっていることがとても残念です。


政府のガイドラインを注視しつつも、9月以降の動向については各学校で決めていくことになると思います。学校によってはどうしても決められず、ぎりぎりになって急に発表というところもあるでしょう。


また何かニュースが出たり、様子が変わりそうでしたら、お知らせしていきます。


今週もどうぞよろしくお願いいたします!






○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学、現地サポートのAverie
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



My profile

Author : Averie

イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。現在、イギリスの語学学校のオンラインコースをご紹介中。お家から世界中の人とつながって一緒にイギリス人の先生の授業を受けることができます。
Averie.co.uk

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。現在、イギリスの語学学校のオンラインコースをご紹介中。お家から世界中の人とつながって一緒にイギリス人の先生の授業を受けることができます。
Averie.co.uk

Twitter

カウンター

検索フォーム