FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

医者に行けなかった話

皆さんこんにちは。
良い週末をお過ごしになりましたか?

イギリスは、冷た~い3月後半を過ごしておりまして、
週末は雪が降りました・・。
スコットランドの方は、雪でうまって動けない家もあるらしいです。


さて、その寒さが残る今日、仕事の合間を縫って、医者に出かけました。

イギリスの医療システムは、大きくわけて二種類になりまして、
NHSと呼ばれる無料で受けられる医療と、
プライベートと呼ばれる、医療費を全部負担する二つです。

詳しいシステムやその内容に関しては、
Averieのイギリス生活情報のページ、医療のところまでスクロールして
是非ご覧下さい。


今日行った病院は、NHSの無料の方で、
地域の医者のところに、女性系の定期健診に行きました。

一番最初にアポ取りのために電話をした際に、
受付の人に色々質問をされた結果、

「月経が始まったら連絡を下さいね」との事。

「なるほど。始まったら連絡するんですねー。了解です」とその時は電話を切りました。

その後、始まったので電話をかけたところ
最初の時と同じような質問をされて、「3月25日これますか?」と。

時間もOK,スケジュール設定もOK.

普通にアポをとった時間に行き、15分くらい待合室で待って、
やっとナースに呼ばれて部屋に行き、
「月経が始まったのは、いつでした?」
と聞かれました。

受付の人に言ったのと同じ事を言ったのですが、
ナースは、「え!?それじゃテストできないわ」と。

女性系なので、検査なので、女性の毎月のサイクルにより、
検査ができるときとできないときがあるそうで、
今日の25日は思いっきり、「できない日」だったそうで。。。涙

がくっ・・・

「受付の人が間違えたのねー。信じられないー」

とナースも言ってましたが、

「ごめんねー。他の日にしましょうー」

と2週間後の日付になりました。

医療システムの問題ではなく、イギリスでよくあることは、
受付と、実際のものがうまくつながってない、と言うこと。

なので、今日のようなことは、一瞬いらっとしたり、がっくりしたりするけど、
イギリスで生活していくにはしょうがない出来事の一つなのです。

今日みたいな理由の場合は、無理やり交渉することもできないしね。。

しかも、よくあることなので、たくさん謝ってくれたりすることもないし、
「あら、ごめん~。」
的な感じで、もっと実際的なこと、どうやって問題を解決するか、とか
今日の場合は、別の日のアポをとりましょう、と言う話題に移ることが多いです。

日本のきっちりとしたシステムや、間違えたときの謝罪の姿勢に慣れている方は
ショックを受けたり、怒ったり、がっかりしたりしてしまうのはしょうがないのですが、
こういうことが起きたときに、

「まあ、こんなもんか」

と思えるかどうか、でイギリスに住めるかどうかが決まるなぁ、、と思います。

そういう部分が気になりだしたらキリがない!

このような事が起きて、しょうがない事だったら、
なかったことにして、前に進むことが大事です。

でも、もし、しょうがない、で済ませられないことだったら、
きちんと、その意志を示すことも大事です。

イギリスに住み始めて学んだ(?)生活のスキルの一つでした♪



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

Secre

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる