FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

イギリスのお洗濯日和

イギリスの冬のお洗濯日和は、寒い日です。

まず、イギリスでは、外が一日中晴れている日がめったにないので、
「晴れたらお洗濯しよう♪」
という概念はありません。笑

そして、基本的にお洗濯は、家の中で干します。

では、なぜ、お洗濯日和が「寒い日」かといいますと・・・
セントラルヒーティング、という暖房システムにあります。

イギリスにはまず家庭にエアコンはめったにありません。
あったらたぶん、豪邸です。

その代わり、ほとんどどの家にも、セントラルヒーティング、というシステムがついていて、
各部屋の壁に、お湯が流れていくシステムを使ったヒーターがくっついています。

これは、暖かい風を部屋にいれるのではなく、ぼわ~~っと温かみが室内にあふれてくる方式なので、
部屋の中が全体的に温まります。

そして、このヒーティングがついていると、洗濯物がすぐ乾きます。

ヒーティングの前に洗濯物を干してもよいですし、
ヒーティング自体に、タオルとかをかけてもよいです。

冬は空気がとても乾燥していますので、ヒーティングにお洗濯を干すと
湿気を作ることができるので、一石二鳥。

ここからは「庶民の話」になってしまいますが、
暖かいのは、ありがたいのですが、このヒーティングをずーっとつけていると
ガス代が結構いってしまいます・・・。

ですから、暖かい服を着て、ヒーティングをつけたり消したりして、調節するのが望ましく、
できれば「もうつけないと無理!」となるまでは我慢しておこう、、となります。

つまり、「寒い日」 イコール 「もう無理!」となりやすいので、
「ヒーティングをつける確率が高い」 
イコール 
「洗濯もついでにしちゃおう」


という方程式でした♪


ちなみに、夏は、陽があたりにくい部屋だと、洗濯物が生乾き状態になることが多いので、
そして、ヒーティングはつけませんので、
洗濯するタイミングはご注意です!


昨日の窓からの景色 ▼ 冬=雨です・・!

Soto


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

Secre

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる