FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

英語のことわざ

今日は、英語のことわざについて。

言語って不思議だなぁ、、と思うのですが、
英語と日本語ってかけ離れているのに、
似たような表現をすることがあるのです。

そういう言葉やフレーズに出会うと、言語を超えた、
「人間」というものを深く考えさせられます・・!

さて、そんなフレーズの一つで、私が自分自身も語学を勉強していた頃に知って、
「は~なるほど!」
と思ったものの一つに、このことわざがあります。


取らぬ狸の皮算用


意味:まだ捕まえてもいない狸の皮を売ることを考えること。
手に入るかどうかわからないものを当てにして計画を立てることのたとえ。

[ Yahoo辞書よりお借りしました。大辞泉 提供: JapanKnowledge ]


これ、人生において、大事な心得(?)だと私は思っています。
手に入るかどうかわからないもの、は、現在では「お金」が一番例としてわかりやすいかと思いますが、お金が入るだろうと思って無駄遣いをして、後から困ったり、、というのは誰もが一回はしてしまうことではないでしょうか。

ちなみに、イギリス留学をしている方をたくさん見てきた立場から言うと、
留学の計画性、でも同じことが言えると思います。


イギリスに行って、●ヶ月勉強すれば英語がぺらぺらになるはず!



と思って計画をたてたけど、いざ来てみたら、英語が思ったより伸びないどうしようー・・


というケースをたくさん見てきました!


しかし、それは別に悪いことだ、ということではなく、
大事なことは、「そういう計画と違うこと」が起きる可能性がある、
というのを知った上で行動を起こすことだ、と思います。

なので、この 取らぬ狸の皮算用 は人生において大事なフレーズ、と私は思っています。


さて、話が少しそれましたが(笑)
このフレーズ、英語にすると、、、

Don't count your chickens before they are hatched.

になります。


これは、狸がチキン(鶏)になっただけ。

「卵がかえる前に、鶏の数を数えてはいけません」
というフレーズで、意味はまったく同じです。


英語の人たちも考えることは同じだったんですね。
そして、日本語も英語も、「動物と人間の利益」、というのがフレーズに表されているのがとっても興味深いと思います。


皆さん、留学はもちろんのこと、人生は何事も少し計画性を持って進めましょうね☆


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secre

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる