FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【超基本】イギリスに関するよくある質問~今更とか言わないで!~

皆さんこんにちは。

もうすぐ11月なのに暖かいロンドンです。
昨日と今日は青空も見えていて、学校の中休み時期なので、街にも老若男女であふれています。

先ほどの天気予報士からの話によると、「今年のハロウィンはこれまでで一番暖かいハロウィンになる」とか!
仮装の有無に関わらず、暖かい天気は大変ありがたいものです (^ ^)


さて、今日はタイトル通り、最近お仕事を通して、何度かぶつかった

超基本



だけど、もしかすると



よく考えてたら聞くのを忘れてたかもしれない




というイギリスに関する質問をまとめてみました。


内容と順番はまったくランダムですので、あしからず・・・


それではさっそくどうぞ~


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



①水道水は飲めますか?


Water.jpg


答え: 飲めます!

キッチンの水道の水がお勧めで、バスルームの水も飲めなくはないですが、あまり、、ですよね。
公共の場のトイレなどは、「飲めません」という注意書きがあるところもありますので、ご注意を!

ちなみに、イギリスの水は、硬水です。
日本は軟水です。

お風呂で顔や髪の毛が荒れる~なんて声もありますが、しっかり保湿してがんばりましょう。





②両替はどこが安いですか?



pounds.jpg


答え: 日本で両替してきてください!


これほんとです。。
現金を海外キャッシングなどで出す場合はまた別ですが、日本円の現金をイギリスポンドに替えるのは、日本でする方が断然レートが良いのです。

イギリスでは日本円は不要なので、「日本円を出して、イギリスポンドを買う」需要がありません。

なので、日本円の価値が下がってしまう → レートが悪い

という状態です。

何故か、イギリスでした方がいい、と思っていらっしゃる方にたまにお会いするのでいれてみました。

そして、どうしても日本円の現金をイギリスポンドに替えるのが必要な場合は、、、

ハイストリートに大体存在するMarks & Spencerというデパートがレートがよく、手数料がかからないので、お勧めです。





③チップはあげますか?



london-black-cab.jpg


答え: レストラン、カフェ、タクシーであげる事があります


庶民が行く場所の事の話になりますが、基本的にチップが発生するのは、タクシーとレストラン、カフェになります。

タクシーは、端数の切り上げ、例えば 料金が£18 だったら、20ポンドを渡して、おつりはいらない、としたり、
£12で、20ポンド札しかなかったら、おつりをもらって、一部を返す、と言うのが普通ですが、
もちろんサービスにもよりますので、タクシーの運転手が失礼だったりしたら払う必要はありません。

レストランは最近「Service Charge」として、勝手にチップのような料金が加えられているところが増えています。

お会計をテーブルでする時に、レシートを確認すると必ず「Service charge」として何パーセントか含まれているか、
Service charge is NOT includedと書いてあったりして、チップを促すようなシステムになっているかどちらかです。

この場合、含まれていたらほぼ必ず支払いますが、含まれていない場合は、ご自身の判断となりますが、
大体やはり多少は支払います。10%分くらい、もしくはおつりが少額だった場合は、それをそのまま置いていくなど。

ホテルに滞在する方で、ベッドメイキングの人にあげる場合は、50ペンスくらいずつを毎日ベッドに置いておくとよいみたいです。





④夜歩くの危ないですか?


london-eye-at-night.jpg


答え: 絶対安全という場所はありません



と、なんだか禅問答のような答え方ですが、これ、ロンドンに限らずどこの地域でも実際にそうなんです。
問題は、何を安全とするか、ですよね。
どんなに高級地区で安全な地域だとしても、何のタイミングで、危ない事に巻き込まれるか、はわかりません。

その地域に慣れてくれば、どのようなルートを通る事、何に気を付けるか、で安全に自分の滞在先まで帰れるか、がわかってくるようになりますが、なじみのない地域で、一人で出歩く場合は、用事が終わったらタクシーをとる、などするのが一番安全です。

大丈夫だろう、と思っていて、道に迷って、誰かに後をつけられた、、なんて事がないように、知らない場所では自分で防犯策を練りましょう!

ただ、普通に過ごしている分には、ロンドンは大体安全です。
「思ったより安全な場所ですね」という声もよくお聞きします。

スリ、置き引きなどの小犯罪にさえ気を付ければ、歩いていて怖いことが起きる、という事は滅多にありませんので、そういう意味での難易度は低いです☆



と言うわけで、今日はここまでです!

また、思いつく「超基本の質問」があったら、随時増やしていきたいと思います!


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

【特別ホームステイ】5月のチェルシーフラワーショーホームステイ

イギリスを代表する、世界的に有名なガーデニングショウ。
チェルシーフラワーショーに参加できる、特別なホームステイプログラムが今年も開催されます。


日程は、以下の二つ。


①2014年5月15日(木)-5月20日(火)

②2014年5月21日(水)-5月27日 (火)



どちらも、元在日英国大使館ガーデニングアドバイザーのラスが専属ツアーガイドとして一緒に周る、特別パッケージです。
少人数グループで周るので、大きなツアーでは実現できない、一人ひとりに気を配ったケアがなされます。
チェルシーフラワーショーへ入園するチケットもツアーに含まれます。


472 Chelsea Show Garden



①番のツアーは、ロンドンコッツウォルズで、ハイクオリティなホテルに宿泊する、ラグジュアリーなツアーです。
コッツウォルズの小さな村を周遊し、ロンドンに移動、チェルシーフラワーショーに参加する5日間のツアーです。
ツアー最後は、お別れ会をかねて、素敵なアフターヌーンティーを頂きましょう。

470garden.jpg



②番のツアーは、もっとアットホームな雰囲気を求める方に最適です。
チェルシーフラワーショーに参加した後は、フレンドリーなビレッジ内のコテージにホームステイをします。草原に囲まれた石造りのかわいい村で、イギリスのカントリーサイドの魅力につかります。こちらのパッケージの魅力は、多種のガーデン巡り>。ここだけで可能な、個人所有のガーデンに訪れる機会もあります。


472 Barnsley House


チェルシーフラワーショーで世界のトップクオリティを体験するのはもちろん、様々なカントリーサイドの庭や景色を見て回ることで、日本でも実現できる、素敵な庭のガーデンデザインのアイディアを持ち帰ることができます。


ガーデンデザイナーになりたい方、ガーデニング、庭づくりが好きな方、イギリスのカントリーサイドが好きな方、きっとご満足頂ける何かが見つかるはずです。


2014年の5月を、花と緑と、思い出いっぱいの春にしませんか?


ツアーを開催するホストファミリーのご紹介はこちらよりご覧頂けます。


プログラムに関するお問い合わせは、お気軽に日本語でAverieまで


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

ジモモ ロンドン

 

【イギリスビザ】新しいビザ申請用紙

12月1日よりイギリス国内からのビザを申請する方で、一部の申請用紙が新しくなりました。


FLR (FP) - 新しい申請用紙の種類


ファミリー関連のルートの申請で、これまでFLR(O)を使用して申請をしていたもの。
個別の申請用紙が作られたようです。

これに伴い、

FLR(O)

は、新しく申請用紙が作られたカテゴリーをカバーしない内容になっているので、新規の申請用紙となっています。

加えて、以下の二つの申請用紙も、新しいものが作られています。

・FLR(M)
・SET(DV)



2013年12月1日以降に申請をする人は、新しい申請用紙を使っての申請が求められますが、FLR(O), FLR(M) , SET(DV)のみは、12月22日までなら、旧バージョンでの申請も受け付けるとの事です。


すでに旧バージョンで申請の用意をしている方は、22日までに申請を出すようにご注意下さい。


2014年度日本国籍者向けのイギリスワーホリ申請(YMS)要項が発表されています。
ご興味がある方は是非ご一読下さい。↑

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

【イギリスビザ】2013年10月28日から一部新しい申請用紙導入

イギリス国内からの申請の方で、各種の永住権を取得される方へ、
以下の申請用紙が、10月28日付けで、新しいものに変更となっています。

SET(BUS) - settlement (overseas business representative or retired person of independent means)
SET(DV) - settlement (victims of domestic violence)
SET(F) - settlement (children of British citizens or people settled in the UK)
SET (LR) - settlement (long residence in the UK)
SET(M) - settlement (marriage)
SET(O) - settlement (other)
Guidance notes for the SET(BUS), SET(LR), SET(M) and SET(O)

UKBAからのニュース(英語:新しいウィンドウが開きます)


本日10月28日以降に上記のビザを申請する方は、
新ガイダンスに従ったルールが適用されますので、ご注意下さい。

これまで、永住権の申請に、Life in the UKテストの合格が必要でしたが、
加えて、英語力のテスト証明も必要になりました。

B1レベルのスピーキングとリスニングの英語力証明が必要となります。

このB1は、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)と呼ばれる語学力の測定レベルのB1となります。証明として受け入れられる英語テストはいくつかありますが、以下はB1レベルの一例です。


<IELTS>

Listening – 4.0
Speaking – 4.0
Reading – 4.0
Writing – 4.0


<TOEIC>

Listening - 275
Reading - 275
Speaking - 120
Writing - 120



イギリス各地の語学学校では、ほとんどの学校で、一般英語コースに加えて、試験対策コースを設けています。
IELTS、ケンブリッジ英検対策コース、一般英語コースとのコンビネーションコースなどがあります。

語学学校のリスト(日本語:新しいウィンドウが開きます)


Averieのカウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせください。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

【イギリスビザ】英語力を示すテストの詳細追加

イギリスのビザ、

・Tier1(起業家等)
・Tier2 (就労)
・Tier4(学生)
・配偶者/パートナー

の申請に使われる英語力の証明に関して、改定事項が発表されました。

新しいバージョンは、記載の英語テストを取得した場合に、その証明としてどのような書類の提出が必要か、という点などを細かく記したものになっています。


お持ちの英語テストの種類により、有効期限や、必要とされる英語力のレベルの見方が変わります。
また、英語テストを受けた時期により、どのようにして証明をするか、が変わりますので、こちらの表を見て、自分はどれにあてはまるのかを確認して下さい。


UKBA認可の英語テストの一覧表
(英語:新しいウィンドウが開きます)


イギリス各地の語学学校では、ほとんどの学校で、一般英語コースに加えて、試験対策コースを設けています。
IELTS、ケンブリッジ英検対策コース、一般英語コースとのコンビネーションコースなどがあります。

語学学校のリスト(日本語:新しいウィンドウが開きます)


カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせください。




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

シンプルで確実なイギリス留学を現地からしっかりサポート
イギリス留学、進学サポートのAverie

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いいたします↓


人気ブログランキングへ

プロフィール

Averie

Author:Averie
イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。語学留学、ジュニア留学、大学留学、短期から長期まで、現地でしっかりサポートいたします。
Averie.co.uk

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる