FC2ブログ

イギリス留学/現地エージェントのAverie

イギリス専門、ロンドン発の留学エージェントです。留学情報に限らず、イギリス、ロンドンのおもしろい情報を幅広くお届けします

-

【イギリス】コロナの状況に関するアップデート【留学】

こんにちは。

また新しい一週間が始まりました。

今週のコロナ関係のアップデートがBBCにまとめてあったので、概要和訳でお伝えします。

なお、先週、Travel Corridorの自己隔離対象国に変更が出ています。



①自己隔離ルールに従わない人により厳しい対処

本日、9月28日月曜日より、イングランドではコロナの検査で陽性となった人が自己隔離をするのは、義務ではなく、法律となりました。
つまり自己隔離をしなかった場合は、法律違反とみなされ、£1000の罰金が課されます。
もし繰り返し自己隔離ルールを破った場合は、最高£10000の罰金にもなりえます。
これは、NHSのTrack &Trace(コロナ陽性者の接触者を追跡するサービス)から要請があり、自己隔離をするようにと言われた人たちにも同じルールが適用されます。
ウェールズ、スコットランド、北アイルランドでも同じような罰金制度を設ける取り組みがあるようです。



②Test &Trace 陽性者追跡システム

使って陽性者やその接触者を追跡する行程は、パンデミックとの戦いには不可欠ととらえられていますが、NHSはシステムがまだ大量のデータを処理する能力が足りないと指摘しています。特に今後冬に入り、需要が増していくと考えられており、それに見合ったシステム能力の増加を求めています。
とあるリサーチでは、接触者として追跡され、自己隔離を要請された人々のうち、たった11%しか実際にルールに従っていなかったことがわかったそうです。上記の自己隔離ルールに対する罰則の強化もこのようなリサーチの結果を受けての動きとみられています。



③ウェールズで増加している地域封鎖

現在ウェールズ内では、人口の3分の2に当たる人々が、地域封鎖の対象となっています。
ウェールズ内の大きな都市、カーディフやスウォンジーを含む地域封鎖対象地域では、別の家族との屋内での社交が禁止され、対象となる理由以外で、その地域を出ることが禁止されています。別の地域からこれらの地域に入ることも許可されていません。



④大学内で増加する感染数

イギリス国内各地で、何千人もの大学生が学生寮内にロックダウンをされている状態が起きています。
マンチェスターメトロポリタン大学では、陽性結果の学生が続出したことから、これから2週間、学位コース1年生と、ファンデーションコースの1年生全員、約1700名がオンラインレッスンとなることが決まりました。
学生からは、囚われた身のような気持ちから不安感が激しく募っているという声もあがっています。
大学を開くべきではなかったのではないか、という意見も出ましたが、政府はこれを弁護するような立場をとっています。




気のゆるみももとよりですが、個々の解釈の仕方、感覚の違いなどが、コロナ対策でマイナスに働いている部分もありそうです。

一日も早い収束を願いますが、これからまた冬となりますし、一人一人が気を付けることを続けていきたいですね。メンタル面のケアも必要なので、バランスが難しいところです。

安全第一で頑張りましょう。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○ 

イギリス留学を現地からしっかりサポート!
現在イギリスの語学学校のオンラインレッスンをご紹介中!
自宅からイギリスの語学学校のレッスンを受けてみませんか?
ご相談、お申し込み全て無料です!

  ○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ランキングに参加しています。 ぽちっとお願いいたします↓
   
イギリス留学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



My profile

Author : イギリス留学 Averie

イギリス専門留学エージェントのAverie/エイヴェリーです。現在、イギリスの語学学校のオンラインコースをご紹介中。お家から世界中の人とつながって一緒にイギリス人の先生の授業を受けることができます。
イギリス留学AverieHP

Twitter

カウンター

検索フォーム